CATEGORY M少女 〜私のつがい

触手エロ漫画 M少女 〜私のつがい/小田桐編〜

【あらすじ/キャラクター紹介】
私は両親が大好きだ。
だから、2人から受け継いだこの身体をとても大切に想っている。
でも、父の種族<ローパー>が視覚的に苦手意識を持たれる事を、
異種族の●●は奇異の目で見られることを知っている。
きっと、私の「番」となる人は、私と同じ苦労を背負わせてしまうだろう。

だから、私は番を作らない。
誰も愛さない。

だけど…もし、もしそれでもいいと言ってくれる人が現れたなら…
その時は――

<あらすじ>
ここは人と亜人が暮らしている世界。
大学卒業後、就職の為に上京していた亜人のあなたは
もうすぐ25年の結婚記念日を迎える両親の為に花を贈ると決め、
出勤時に通る花屋「ギフト」にやってきていた。
どうしようか悩んでいた時、あなたに話しかけてきたのは
ギフトに勤める職員、人の小田桐はじめという青年だった…。

亜人と人との純愛物語 第一段

<キャラクター紹介>

小田桐はじめ/人間 28歳 CV:秋月勇人様

花屋ギフトに勤める青年。
優しい性格で、穏やかな接客態度が一部の奥様方に評判。
恋愛に関しては奥手気味。
↓サンプルボイス↓

ヒロイン/亜人(人とローパーのハーフ) 23歳

大卒後、仕事の為に上京してきた新卒社員。
真面目で大人しい性格。
両親の事が大切で大好き。

【作品概要】

<作品傾向>

当作品は 男性×ヒロイン の乙女物ですが、
ヒロインを「亜人」設定に置いた、ヒロイン×男性要素のあるリバーシブル作品です。
第一弾におけるプレイは以下の通りです。

<キャラ受け>
触手攻め・フェラ風演技(触手舐め)・アナル挿入
<ヒロイン受け>
Dキス・疑似耳舐め・クンニ・正常位

※注意※
本作はキャラクターに対する「凌●/快楽堕ち」または「完全女性優位/完全女性攻め」というジャンルではありません。
あくまで男女の純愛物語において、こういった要素があり
普段「男性受け」を聞かない方向けのライトな物を前提に制作しております。
ストーリーにおいて、ヒロインがキャラを受け入れる為に必要な【男性受けトラック】とお考え下さい。

<スタッフ>

シナリオ・制作:MONOKUROSKY / @monokurono_sora

声優:秋月勇人様 / @akitsuki_yuto

絵 :よそ子様 / @yosoko12

<ファイル説明>
・本編データ(WAV/MP3/SE差分)
・ご挨拶テキスト
・ジャケット2枚
・本編台本PDFデータ

【トラックリスト】
<トラックリスト> ※アダルトパート

■トラック1 7:40■
両親の結婚記念日のお祝いの為、花屋ギフトにやってきたヒロイン。
店の前に並ぶ花に悩んでいた所、接客に来たのは、店員の小田桐はじめだった。

「あ、驚かせてしまって、申し訳ありません。
僕は小田桐、この花屋の店員をしています。」

■トラック2 13:28■
無事にお祝いが終わり、小田桐にお礼を言う為に再びギフトにやってきたヒロイン。
小田桐もまた、ヒロインの姿を見かけて嬉しそうにする。
そして、小田桐は勇気をもってあなたに電話番号を渡すのだった。

「僕の事を信じて下さい。
好きになってほしい、までじゃなくていいんです。
ただ、貴女をちゃんと貴女だと認識した上で、
僕が惹かれているのだという事を、どうか信じてほしい。
…だめ、でしょうか」

■トラック3 18:29■
すっかり仲良くなったヒロインと小田桐。
小田桐の提案に乗り、ヒロインは彼と共に公園デートにやってきた。
穏やかなひと時を過ごす二人だったが、あるハプニングに遭い、
ヒロインは小田切から距離を取ろうとしてしまう。
しかし、小田桐は一途にヒロインへの気持ちを伝えるのだった。

「貴女が好きです。
僕はこんな感じで、頼りになるとは言い切れないけれど、
それでも、これからは貴女を支えていくって約束します。
だから、僕とお付き合いをしてくれますか」

■トラック4 7:45■
恋人同士になった二人は、少し恥ずかしいながらも順調に愛をはぐくんでいた。
今日もまた、ヒロインはギフトに寄り、帰路を共にする。
いつかは一緒に朝を迎えたいと気恥ずかしそうに気持ちを言う小田桐。
だが、ヒロインは「亜人」である事で、どうしてもそれを選ぶことが出来ずにいた。
人と亜人が身体を重ねる行為は亜人にとってとても重要であり、
そして異種族性交はとても大変な行為だからだった…。

「やっぱり貴女は優しい人だね。
でも、そのせいで大切な貴女が居なくなるのは嫌だよ。
僕は貴女とずっと一緒に生きていたいんだから…」

※トラック5 14:08 小田桐×ヒロイン※
お互いの気持ちが通じ合い、番となるための異種族性交をする二人。
小田桐は抗体を得る為に、つたないながらもヒロインを愛撫する。

「貴女と一つになれるんだっていう喜びと、
これからも傍に居られるんだっていう、
嬉しさで一杯だからなんだと思う。
それくらい、僕は貴女に惹かれているんだね…ふふ」

<ディープキス/疑似耳舐め>

※トラック6 18:08 ヒロイン×小田桐※
小田桐の愛撫で、すっかり高まったヒロイン。
ついに小田桐が抗体を得る為の行為が始まる。
彼は大丈夫だと微笑みながら、ヒロインの触手を必死に受け止めるのだった。

「す、ごい…んあっ、ああっ、はあっ、はあっ、んあっ、
感覚は、変なのに…んっ、んくっ、ぞくぞくって、してる!
んっ、んあ、はあ、はあ、はあ、
これ、が…んっ、体液のお陰、なのかな?
あ、あっ、ああっ、んんっ、んああ!
はあっ、はあっ、ああ、ああ、んっ、んっ、くっ、
中で、んっ、中で、凄く、動いてる…!
んっ、ぅうっ、くうっ、んあっ、ああっ、はあっ、はあっ、
気持ち、いい…んっ、くっ、んんっ、
触手が、動く度に、んんっ、気持ちいいぞくぞくが、来てるっ!
んくっ、く、うあ、あ、あ、ああ、あっ!
何だこれ! んく、んああ、声、我慢できない!」

<触手舐め(フェラ演技)/触手攻め(アナル挿入)>

※トラック7 21:15小田桐×ヒロイン※
無事にヒロインの体液を受け、抗体を得た小田桐。
ついに番となる時がやってきた。
ヒロインは小田桐をゆっくりと受け止めるのだった。

「はあ、はあっ、はあ! あ、くっ、ううっ、くっ
ふ、ふふ、貴女も、声…出てるね?
んっ、んっ、可愛いよ、凄く! んっ、んっ、え?
さっきの、僕も、可愛い、かった? あ、はは…そ、そっか。
んっ、ん、恥ずかしいけど…で、も、それさえも、今は嬉しい!
はあっ、はあっ、あっ、んんっ! くっ、ああっ、はあっ、はあっ
気持ち、んっ、んっ、くっ、んはあ、はあっ、はあっ、
好き、だよ…んっ、貴女が、貴女が好き!」

<ディープキス/軽い手マン/クンニ/正常位>

■トラック8 2:14
共に朝を迎えた二人。
小鳥が囀る中で、ヒロインと小田桐はこれからも一緒にいようと愛を誓いあうのだった。
大団円のエピローグ。

「あ、おはよう。
ふふ、可愛い寝顔だったね」

総時間:約101分

なお、トラック時間は全て「SEあり」基準です。
※他配信元のDL記念の追加トラックあり