CATEGORY 未亡人

触手エロ漫画 【連続●姦総集編】38人犯っちゃうセット!

お得なフルボイスADV2本立て「38人犯っちゃうセット!」
▼収録作品紹介
——————————————————-
作品(1)悪霊ッ!!~神出鬼没の強●魔~
■??死んでみて分かったことがある。

不慮の事故で死んでしまった主人公・種田。
あまりの哀れな様子に同情した天使は、
彼に不思議な能力を授けてしまった。

『人の体を少しの間だけ自由にできる能力』

家族や友人と最期の別れができるようにと、
善意で与えられたその能力を当然のように悪用しはじめる種田。

そして、最凶最悪神出鬼没の強●魔が誕生した??!!

■通学路、墓地、コンサートホール、繁華街……ありとあらゆる場所で、
突発的に発生する種田の凶行を誰にも止められない!

OL、メイド、未亡人、花嫁、コスプレイヤー、
S女、ひきこもり、果ては魔女っ子やアイドルまで、
狂気と精液を撒き散らす、種田の欲望の犠牲になる女性は18人。
手に入れたそのチカラで、徹底的に犯しまわれッ!!

■CV
CV:小笠原 麦/紅月 ことね ほか
——————————————————-
作品(2)悪魔の手先~20人連続強●~
■??処女を犯さないと……殺される!

ひょんなことから悪魔と契約してしまった、
若きホームレス 刈谷 浩。
願いを一つ叶える契約の対価は……自身の命!?
契約の撤回を求める刈谷に、黒い悪魔は残酷な提案をする。
『処女を犯し、充分な量のエナジーを集めてくれば、
お前は解放してやろう』

道往く人の体を奪い、女を犯しまわって来いという。
我が身可愛さに悪魔の提案を受け入れる刈谷。
果たして悪魔が望み通り処女を狩り、生き延びることができるのか!?

??命を賭けた処女狩りゲームが今、始まる。

■『悪霊ッ!!』に続く、叢神の『憑依ゲー』第二弾

街中を舞台に繰り広げられる鬼畜行為。
野外でねじ伏せられ、憧れの先輩に犯●れる純情格闘少女
手錠と警棒を奪われ、酷い目に遭う偉そうな婦警
強●フェラに抵抗すらできない入院中の病弱少女
神に祈りながら中出しされる教会のシスター
触手を持つ怪人に犯●れる正義のヒーロー戦隊の女
etcetc……

獲物は総勢20人、フェチなシチュエーションも20通り!
貴方の気に入るものがきっとある!

マルチエンディング採用、アナタの選択次第で主人公の命運が決まる。
生存確率20%以下、ヒロインばかりか主人公にまで鬼畜な仕様!?

■『メガネモード』搭載!

全Hシーンでヒロインのメガネの着脱が、
『メガネボタン』で切り替え可能!!
———————————————-
※リボイスボタン使用時に一部の環境で、
メッセージウィンドウに(b)と入力されますが
ゲームの進行に影響はございません。

COMIC BAVEL 2023年1月号

COMIC BAVEL 2023年1月号の詳細 発売日 : 2022-12-22 00:00:03 収録時間 : 452 シリーズ : COMIC BAVEL ジャンル : フルカラー ファンタジー ホラー オリジナル …

触手エロ漫画 夏ノ社外伝 -巫女さん母姉妹(おやこ)のエッチな退魔修行!-

触手<アヤカシ>に変身して巫女さん母姉妹(おやこ)とラブラブ触手エッチ!!
===============================

<ストーリー>
前作から1年後。
再び夏の神社を訪れた祭主様(あなた)。

祭りの手伝いを終え一息ついた頃、
母巫女 月乃よりあるお願いがあると告げられる。

神社の本殿に集められた巫女姉妹とあなた。

そこで告げられたのは除霊巫女としての役目。
アヤカシと戦うための退魔の修行だった!

真面目な修行と思いきやなぜか触手型のアヤカシへと変身させられたあなた。

ノリノリに襲われる母巫女と
自分だけずるい!と参戦してくる巫女姉妹たち。

エッチでにぎやかな夏がまた、始まります!!

<コンセプト>
前作でラブラブになった巫女さん母姉妹たちと今度は触手でエッチ!
和姦です!でもしっかりエロイです!!

寝取られ要素はありませんのでご安心ください。

総再生時間 約65分

<クレジット>
CV:
水歌:そらまめ。 様
陽菜:分倍河原シホ 様
月乃:紅葉美兎 様
イラスト:kyou 様
効果音:VoiceBloom 様
制作:足跡の水たまり

触手エロ漫画 淫触の贄

極秘裏に作られた触手の化物が脱走して未亡人の女を襲うお話です。

本編22ページ

■あらすじ
とある製薬会社の研究員であった朝霧霞 あさぎりかすみ(29)は、学校へ保健医として潜入していた。

ようやく足取りをつかみ思い出される屈辱の過去。
霞は覚悟を決め人のいない夜の学校で奮起する。

夫の仇であり自分を辱めた化物を殺すために。

しかしこの時を待っていたのはその生物も同じであった――。