CATEGORY スパイダーリコリス

触手エロ漫画 聖騎士乙女クラウディア〜メス犬娼婦マゾクリトリスいじめ調教記録〜

捕らえられた聖騎士~老女のお告げと、グエン帝国への献上品~

大陸の小国・ケールブルン王国は、グエン帝国に併呑される。
植民地として、騎士を一人献上品にせよ、と命じられ、誇り高き聖騎士クラウディオ・シェルバートが志願し、グエン帝国へ向かう。
その旅の最中、クラウディオは、あやしい予言の老婆から「数え切れぬ男たちから愛されるだろう」と謎めいた予言を受けるのだった。
グエン帝国で、クラウディオは、貴族マリウスと出会う。優しい彼の庇護下で、何不自由なくクラウディオ。

恐るべき女体化の呪い~愛玩娼婦クラウディアの誕生~
クラウディオは、あるとき、胸の張りを覚える。
マリウスのいとこであり、古代魔法の研究者であるハイネを呼び、体を確認してもらうと、女陰が発生しつつあることが分かる。
マリウスは、なぜか、女体化しつつあるクラウディオに激しく欲情し、指で、舌で、クラウディオを愛撫する。そして、ある夜、ついにクラウディオは彼に抱かれてしまうのだった。

淫欲娼婦クラウディア誕生~使用人たちから辱められる愛人~
クラウディオはどんどん美しい女性へと変貌してゆき、使用人たちから淫らな戯れをしかけられるほどメスのフェロモンを放ってしまう。
ハイネは、男女どちらでも、アナルしか愛せない男だった。ある夜、ハイネから愛を打ち明けられ、恥ずかしい浣腸責めを受け、アナルを散らされてしまう。
そんなクラウディオを荒々しく抱きながら、マリウスは「娼婦として新しい名前を与える。卿から君はクラウディアだ」と告げるのだった。
聖騎士は娼婦クラウディアと成り、第二の生を生きはじめる。

被虐のクリトリスいじめ調教記録
~冷酷なるクラーク卿の性奴●に堕ちる三日間~
あるとき、パーティで、マリウスの知人であるクラーク卿と出会ったクラウディオは、三日間、彼の家に行くという約束を交わす。
クラークは、恐るべきサディストで、女性のマゾ性を開花させたがる男であった。彼の息子、エリオット、ベルナルドとともに、娼婦調教を受けるクラウディア。
一日めは、媚薬、筆、刷毛などでクリトリスを責め抜かれ、舐め犬ベルナルドに愛液を啜られ、フェラ奉仕、アナルパールなどで、ねっとりと嬲られる。
二日めは、淫らな綱渡り、バイブ責め、放置、禁断の針責め、蝋責め、目隠し、鞭打ちで泣かされる。
三日めは、最愛のマリウスのまえで、クラークのペニスに貫かれ、おぞましい触手で性拷問を受け、いやらしい××××へ挿入をねだらせられる。
クラウディアは完全にマゾ性を開花させられてしまうのだった。

被虐マゾメス豚に堕ちた聖騎士
~今宵も男たちの愛玩ペットに堕ちて~
あるとき、故国ケールブルンから、国王が、親睦のためにグエン帝国を訪れる。
国王は、舞台で淫らに踊る娼婦クラウディアを目撃し、惹かれて、夜伽を命じる。
言われるがままに豊満な乳房で王を癒し、搾乳手コキをして甘えさせるのであった。
ある日、マリウスは、クラウディアに一か月の禁欲を命じる。自慰すら禁止させられ、貞操帯をつけられて、貞淑に暮らすクラウディアは、祈りのために訪れた教会で神父によって全裸に向かれて、その全身に、男たちの精を浴びせられてしまう。
ありとあらゆる、さまざまな方法で、貴族たちから玩弄され、クラウディアは、恥辱の限りを尽くされる。

恥辱のメス奴●宣誓~すべての人権を剥奪された聖娼婦~
春の初め、クラウディアは、卑猥な聖娼婦のよそおいで、皇帝の前に連れ出される。
マリウスは、クラークとともに開発したボディピアスを、クラウディアの体にとりつける、と宣言する。
クラウディアは貴族たちの前で、恥辱のメス奴●宣言を行う。皇帝は、焼き鏝を翳し、クラウディアの下腹部に淫紋を刻む、と命じ、「もし死を選んでも、死後もその体を魔法で朽ちぬようにし、嬲り抜く」と宣言するのだった。クラウディアは、死後も許されぬことに泣きながらも、妖しいマゾの悦びを覚えてしまう。
そして、皇帝の前で、クラウディアの体に、残酷なピアスが突き刺さるのだった。

おまけ
皇太子の初恋~十年後の愛蜜娼婦クラウディア~
あるとき、次期皇帝・ライオネルは、地下室から聞こえる淫らな声を聞く。
地下室に忍びこむと、拘束された娼婦クラウディアが、触手に毎晩責められ、愛液を絞りとられていた。
クラウディアが絶頂を迎えると、愛液は特に甘くなることを知ったライオネルは、連続絶頂でイカされ続けるクラウディアを見つめるのだった。
ライオネルは、『クラウディアから、直接甘い愛液を啜ってみたい』という誘惑に従い、彼女を部屋に呼ぶ。いやらしいメス豚のコスチュームに身を包んだクラウディアは、足を開き、甘い甘い愛液を、ライオネルにたっぷりと提供するのだった。

一時創作 オリジナル小説 電子限定 118ページ

触手エロ漫画 エルフ皇妃ロザリア淫肉調教記録〜凄惨なる肉処刑と聖女昇天〜下巻・聖女昇天の章

~登場人物紹介~

ロザリア
誇り高きエルフ一族の皇妃。巨乳(Fカップ程度)で巨尻。エルフ一族を救うため、オークと人間たちの奴●となる。
人間年齢に換算すると二十八歳程度。夫ヨシュアがいたものの、健全な夫婦生活しかいとなんだことがないため、性的にはまだ無垢で、恐ろしくうぶといえる。●●はいない。

ヨシュア
エルフの王であり、ロザリアの夫。領土を守るため、泣く泣く美しい妻をグエン帝国に捧げてしまう。
性に対しては淡白。妻を愛しているが……

エーミール
ロザリアの弟。やせぎすで、弱気。政治をしているがへたくそ。何の才能のもない小物。姉を差し出すことで、オーク族から処刑をまぬがれた。帝国領土のどこかで隠れて暮らしているそうなのだが……?

イオク・シュナイダー
グエン帝国の大臣。四十歳。美しいロザリアに執着し、オークたちをけしかけて犯させ、共同便所メス豚に貶めるべく画策する。とてつもない卑怯者。
エーミールを保護しているようなのだが……?

フリッツ・ランバード
芸術の名族ランバート家の主。四十五歳。美女を辱め、汚らしく穢すことに快感を覚える、生まれつきのサディスト。

スザンヌ・ランバード
フリッツの妻。おっとりとおだやかだが、サディスト。レズビアンの気がある。三十七歳。

ギュンター・ランバード
フリッツの長男。二十五歳。美女を痛めつけることに喜びを感じる。動物のはく製を作る趣味がある。

カミル・ランバード
フリッツの次男。二十四歳。楽器が好きで、何でも楽しむ。美女の悲鳴に興奮する。

ライオネル
グエン帝国の皇帝。退廃的で、娯楽に飢えている。残虐で、罪人の拷問や、処刑ショーを好んでいる。

アーチャー
神父。三十八歳。ロザリアに同情的で、最後の瞬間に慈悲を捧げるのだった。

~あらすじ~
弟エーミールとの呪われし再会~神の禁忌を●す皇妃~
調教され尽くしたロザリアは美貌に磨きをかけ、洗練され、ついに王城で娼婦デビューお披露目を果たす。
恥辱の淫らな舞を披露し、鎖につながれ、ポールギャグを嵌められ、貴族たちに嬲られるロザリアのもとに、驚くべき人物があらわれ、二人は呪われた行為をするのだった。
哀れなロザリアはは地下拷問牢獄に閉じ込められ、筆でクリトリスを責め嬲られる。

同胞たちの慰み者となりて
~屈辱の焼き鏝と奴●ピアスを嵌められる奴●皇妃~
解放されたロザリアは、メイドたちに精液風呂などの責めを受ける。
ある日、王城に、その身を辱める石像を立てられ、強い恥辱を覚える。
そんなとき、皇帝ライオネルの許しが出て、夏の短い間、エルフの里に戻ることを許されるロザリア。
つかの間、夫に甘えて優しい時間を過ごすが、それは皇帝の卑劣な罠だった。
ロザリアのふしだらな行いは同胞にバレてしまう。詫びても許されず、全裸を晒し、見世物となって、奴●のピアスを乳首とクリトリスに嵌められ、焼き鏝を尻に当てられるのだった。

卑劣なる魔女裁判~救済の手はどこにもなく~
夫から離縁されたロザリアは自暴自棄になり、ギャンブルや酒に溺れる。
政治は腐敗し、民の不満は溜まってゆく。ライオネル皇帝は民の不満を減らすため、地下コロシアムでロザリアに魔物との戦いを命じる。惨敗し、凌●されるロザリア。
おぞましき洗脳調教の果てに、熟れた乳房から蜜乳が出るように改造されてしまう。
大臣たちはロザリアに全ての国の罪を着せて、魔女として処刑するように画策するのだった。

最終章 聖女昇天 永遠の淫獄~肉触手の苗床となって~
毎週、処刑台の上に晒し者となり、処刑の日まで、尿道までもを嬲られ続けるロザリア。
あらゆる屈辱に耐え抜くが、放尿され、みじめな排泄姿を晒し、悦楽を得て、堕ちていく。
最後、男たちから愛され、悦楽を極めさせられて、ロザリアは、『皆様を愛しておりました』と告げて、処刑の日を迎える。
だが、残酷なる皇帝は、ロザリアに死刑を賜らなかった。死よりも恐るべき肉処刑を受けるロザリアの運命は、その魂の行きつく果ては――……

創作TL小説 オリジナル 電子限定 72ページ 下巻完結

触手エロ漫画 性奉仕秘書課・美麗 〜屈辱の365日セクハラ調教記録とご主人様との蜜月〜 下巻

出張ホストの献身と、魔法のオナホいじめと、権藤の猥褻なアナル調教~三者三様、快楽遊戯~

若く、才覚にあふれたセレブ若社長・竹之内進が統括している、上場一流企業CCカンパニー唯一の性奉仕秘書・柳沢美麗は、社長愛人から『性奴●』に昇格ランクアップし、忙しい日々を送っていた。
そんな美麗を、竹之内は紳士的にねぎらう。高級ホテルでエステとサービスを受けるように指示を出したのだ。
性感エステマッサージ『エルドラド』の最上テクニシャン・江口の甘いマッサージと、女性風俗店での奉仕を仕事としていた出張ホスト・タカキとシュンの手で、新たな悦楽の扉を開く美麗。
その後、美麗は会社で、新商品の遠隔操作可能な『魔法のオナホ』シリーズのテストデータ試験のため、オナホシリーズと性感をリンクさせられて、恥ずかしい全裸で、美麗への恋心に狂う社員たちの嬲りを受けることに――
さらに、いやらしい常務・権藤は美女のアナルを肛虐して楽しむ危険なフェチがあった。
美麗はアナルについての淫語を口走らされたり、ロッカーに閉じ込められたり、ほかの女性社員たちと比較され、徹底的に嬲られてしまい――

変態ヒプノシス仁科医師の信者たちとの催●レズセックス~レズ性癖に目覚める美麗~
弟・俊次の手術費用がやっとのことで溜まり、安堵する美麗。
それを祝福するため、竹之内と、ある夜ディナーデートを楽しんでいると、催●治療を行っている仁科医師と出会う。「ヒプノシスセミナーへいらっしゃい」と誘われる美麗。
竹之内の勧めもあり、セミナーイベントへ足を運べば、シズク・クルミという謎めいた美女が美麗をもてなす。
そして、熱狂的な信者が集まる会場で、美麗はヒプノシス催●にかかり、妖しいレズビアンワールドへ、なすすべもなく捕らえられてしまって……

米国紳士ディビットの寝取り調教蜜月の日々~最愛のマスターから譲渡される愛人秘書~
ここのところ、竹之内の体調が思わしくなく、美麗は不安だった。
そんな中、パーティで米国紳士社長ディビットと再会する。彼はナンシーという妻がいたが、妻は黒人女性が一番のタイプだというバイセクシャルであった。
ディビットは官能小説家・黒谷源蔵の『令夫人・薫子』シリーズを愛していて、日本人女性と性の世界を追求したいと考えていた。
彼は美麗に甘く愛し、『進から君を奪いたい』とまで言い出して――
一方、竹之内の病気は重かった。胃に、潰瘍が見つかったのだ。ガンかもしれない。
病身の彼は美麗を半年間ラムズカンパニーに譲る、と言って、愛人譲渡契約書にサインがされてしまい――……

終章 最愛のご主人様に愛され、生まれ変わる美麗~従順なスレイヴはセレブ社長の溺愛新妻~
ディビットと甘い蜜月を過ごした美麗だが、竹之内への愛は捨て切れなかった。
ディビットの愛を受け、より洗練されて美しくなり、CCカンパニーに戻ってきた美麗は、彼女を『理想のワーキングウーマンモデル』と尊敬する女子大学生に学級新聞のインタビューなどを受け、充実した日々を過ごす。
そんな中、やっと竹之内と再会する。
病を乗り越えた彼は『美麗の一番欲しいものをあげよう』と言うのだった――……そして、美麗は永遠の愛を手に入れる。

R18 ティーンズラブ女性向け SM成人向けオリジナル小説 電子限定 64ページ

触手エロ漫画 牝騎士団長レオナード〜無残なる快楽刑を受けし女体化花嫁 触手スライムによる第一の快楽刑〜

あらすじ

魔族たちとの戦いに明け暮れる世界――

騎士団長レオナード率いる赤龍騎士団は、「白の砂漠」の最果てにあるという魔王城を目指し、古代神殿ネロールで逗留をしていた。
だが、古代神殿に邪悪な闇の魔術がとどろき、気づけばレオナードは単身で魔王城に拉致されてしまった。

魔王城で待っていたのは、恐ろしき魔王エルゴー、
魔王の長男にして雷をあやつり二本の男根を持つ悪魔ヴェルド、
魔王の次男にして天使のように愛らしく幻惑の術を使う双子のシュリとティリ、
人間の身ながら自らに術を施し、ふたまたになった蛇の舌を持つ、闇へ落ちた神官ギュスターヴであった。

人民の尊敬を集めていた、褐色の肌に銀の髪の凛々しき騎士団長レオナードは、シュリとティリの魔術により女の体に貶められ、ヴェルドに犯●れ、花嫁とされてしまう。
レオナードにゆがんだ恋心を向けるヴェルドは、「お前に三度、快楽刑を与えてやるーーそれに三度屈しなかったら、シェーゲルン王国へ戻してやる」と宣言するのだった。

スライムワームによる触手責め、悪魔との半ば無理やりの初夜、衆人環視など。(後編はさらにいろいろプレイ盛りだくさん予定。うっすらメリバ、でもハピエン?だと思います)